転職面接の対策・質問・マナー

圧迫面接の事例と回答例

圧迫面接の事例と回答例

圧迫面接では、面接を受ける相手に対してあからさまに意地悪な質問をしたり、態度をとるなど様々な形があります。

 

その面接官のもともとの性格云々の話ではなく、この圧迫面接というのは困ったときにどんな反応をとるのか、またどういう言葉で対応するのかを見るのだと言われます。

 

仕事をするにあたって、この先問題が生じたり、顧客や関係者の中には無理難題を言って困らせる、思い通りに事が進まないことが増えてくるでしょう。こういったケースにも柔軟に対処できる人材を求めているのが圧迫面接の意図だと言えます。

 

ではどういった質問が多く出されるか、やはり前職やこれまでの転職に関してが多いと言えます。

 

例えば、「前職を年月を置かず退職していますね。」や「転職の回数が多いのではないか。」という問いに対しての回答例は、まず否定することは無理である為、いったん「はい。仰る通りです。」などと認めましょう。それに続いてあくまでも前の職場を否定するのではなく、前向きな回答をすることが良いと言われます。

 

 

 

 

転職回数に関しては、「身につけた多くのスキルを御社で活かすことが出来ます」や「御社での業務を行う上で必要なプロセスでした。」という回答例もあります。また、早すぎる退職理由を問われた際には、ここでも不平不満を伝えるのではなく、「自分の将来を考えた場合、転職することが最良だと考えました。」などと、前向きな回答が望ましいです

 

圧迫面接に関して、言葉以外にも横柄な態度を取られたりといった事も想定されます。その時も表情や応答に注意し、平常心を保つことが重要です。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ