転職面接の対策・質問・マナー

良い印象を与える逆質問

良い印象を与える逆質問

面接時に必ずと言っていい程、「最後に何か質問はありますか?」聞かれますが、このときはどのような逆質問をすると、面接官に良い印象を与えることができるのでしょうか?
ここでは、良い印象を与える逆質問例を紹介していきましょう。

 

  • 入社までにどのようなことを勉強すればよろしいでしょうか?

    自ら勉強していこうとする気持ちがあることが伝わる逆質問です。入社後、会社の研修に期待しているようでは受け身的であると思われてしまいます。会社は学校ではありませんので、自主的に勉強していく姿勢を伝えることが大切です。

  •  

     

  • どのようなスキルを身に付ければ、今後の仕事に役立ちますか?
  • 現在の私のスキルと経験で足らないものがありましたらお教えください。

    スキルアップへの強い意志と応募先企業に貢献していきたい姿勢が伝わる逆質問です。

  •  

     

     

     

  • 御社の業績好調の原因は何でしょうか?

    業績が好調であることを知っているということは、企業について研究してきたことを示すことができます。

  •  

     

  • 御社の今後における海外営業戦略について教えて下さい。
  • 御社が取り組んでる新規事業の展開方針を教えていただけますでしょうか?

    業務に積極的に関わっていきたい姿勢が伝わる逆質問です。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ