転職面接の対策・質問・マナー

転職面接の逆質問5--今後の経営ビジョンの聞き方--

転職面接の逆質問5--今後の経営ビジョンの聞き方--

転職者が新たな雇用先を探す際に面接を受けるときには、幾つかの効果的なポイントを押さえておく事が肝心です。

 

その中でも、逆質問の効果は高く、この質問を有効に活用することで、人事担当者の評価を上げることができます。

 

転職者の場合は、面接で採用したい条件が整っている事が重要になり、個々の求職者が条件を満たしている事が重要になります。

 

しかし、面接で逆質問をして仕事内容に関して詳しくたずねる事で、入社後の意欲や将来性をアピールする事が出来るのです。

 

具体的な質問の仕方としては、個々の役割や担当するポジションの詳細などを尋ねる事が効果的で、その点を踏まえた上で経営面の課題となっているところで、将来的に役立てる事が出来る個々のスキルなどをアピールすることが重要です。これらの質問と適切な受け答えで、有用な人材として評価してもらうことができます。

 

そして、仕事内容に関する質問は即戦力をアピールする事も出来るために、積極的に行う事が重要です。

 

 

 

 

特に、質問事項としては、どの程度の人員で仕事をしているのかや、必要となる専門的なスキルの詳細など、それぞれの分野に特化した内容を尋ねることで、専門的な知識をアピールすることができます。

 

この専門分野についての質問は、適切なタイミングで個々のこれまでのキャリアを伝える事も重要で、転職後に活用できるスキルの詳細を積極的に伝えていく必要があります。

 

これらの逆質問と個々のスキルの活かし方などのビジョンを担当者にアピールする事で、具体的な提案が出来ることになります。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ