転職面接の対策・質問・マナー

面接官にインパクトを与える方法

面接官にインパクトを与える回答方法

面接官にインパクトを与える方法について説明します。

簡潔に話す

1つの質問に対して、30秒〜1分以内で回答することを心がけましょう。ダラダラと長く話すと、面接官の記憶に残らないばかりか、面接の他の質問に費やすことができる時間が短くなってしまいます。

 

活かせる経験に絞って回答する

 職務経歴を話すとき、自己PR、質問の回答では、ダラダラと話すのではなく、応募先企業で活かせる内容に絞って回答することで面接官へ強い印象を与えることができます。
 中途採用は即戦力が期待されます。面接官の視点に立って回答することが大切です。

 

 

 

 

結論を先に述べる

 回答が長くなるようならば、結論は先に述べます。そのあとに、実績や具体的エピソードなどの補足説明を加えます。

 

回答にキーワードを含める

 募集要項や求人のインタビューなどで、そこに書かれている求める人物像や必要とされるスキル・経験などを参考にして、キーワードを回答に盛り込みます
 キーワードを含めて簡潔に回答すれば、必要な情報だけをが面接官の頭の中にインプットされ、記憶に残りやすくなります。

 

自己PRは箇条書きスタイルで説明する

 複数の事柄をアピールするときは、長々と話していては面接官の記憶に残りにくくなります。
 例えば、「私が自負していることは3つあります。1つ目は・・・です。2つ目は・・・です。そして最後は・・・です。」などのように箇条書きスタイルで話すと面接官にアピール内容が伝わりやすくなります

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ