転職面接の対策・質問・マナー

面接の入室・お辞儀・座り方

面接の入室・お辞儀・座り方

面接室の入り方、お辞儀、座り方について説明します。

 

以下の順番で行います。

  1. 名前を呼ばれたら「はい」と返事をして立ちます。
  2.  

  3. ドアを軽く2回ノックします。
  4.  

  5. 中から「入って下さい」と応答があってから、ドアを開けます。

    中から返事があるまでは勝手に入室してはいけません。

  6.  

  7. 「失礼いたします」と声をかけながらドアを開けます。
  8.  

  9. ドアを少し開け、面接官の目を見ながら「失礼いたします」と声をかけ、入室します。
    • ドアは片手で開けます。
    •  

    • 右開きのドアなら右手、左開きのドアなら左手で開けます。

  10.  

     

     

     

  11. ドアを閉めます。
    • 面接官に背を向けないように、斜めの立ち位置で閉めます。
    •  

    • 後ろ手でドアを閉めるのはマナー違反になりますので注意してください。
  12.  

  13. ドアの前で面接官の方を向いて一礼します。
    • お辞儀の角度は30〜35度が目安です。
    •  

    • 挨拶と一礼が一緒にならないように注意しましょう。

     

    お辞儀の方法

    1. 姿勢を正し、顔を面接官の正面に向ける。
    2.  

    3. 背筋や首を伸ばしたまま上半身を30〜35度傾倒する。

      ※猫背にならないように注意します。

    4.  

    5. 約1秒止める。
    6.  

    7. 静かにゆっくりと状態を起こす。
  14.  

     

  15. イスの横に立ちます。
    • 入ってきたドアに近い側に立ちます。
    •  

    • コートや鞄を置く場所を指定された場合は、そこに先に荷物を置きます。
    •  

    • 男性は両手を身体にそってのばし、女性は前で両手を重ねます。
  16.  

  17. 「○○ ○○(フルネーム)と申します。本日はよろしくお願いいたします。」と言ってから、一礼します。
  18.  

  19. 「お掛け下さい」と言われてから、イスに座ります。
    • 荷物置き場が指定されていない場合は、イスに座る時、利き手側の床にカバンを置きます。
    •  

    • コートは畳んで膝上に置くか、イスの背もたれにかけます。
    •  

    • 深く腰かけすぎないように座ります。

       

      ※背中と背もたれとの間に少し隙間を空けます。男性は両膝を軽く広げて座り、手を軽く握って膝上の置きます。女性は両膝、かかと、つま先をそろえて座り、両手を重ねて、膝の中央に置きます。手を重ねる時は左手を上にすることがマナーです。

    •  

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ