転職面接の対策・質問・マナー

転職面接と新卒面接の違いとは?

転職面接と新卒面接の違いとは?

転職面接と新卒面接では大きな違いがあります。まずは、この違いをしっかりと把握したうえで、面接に臨むことが転職成功につながります

 

情報収集力が転職成功へのカギになる

新卒面接の場合は、応募先企業の情報は学校、資料、OBなどから比較的簡単に入手できますが、転職面接はそうはいきません。

 

求人案内から得ることができる情報はわずかなので、自分自身で情報を収集する必要があります。

 

採用に導くための情報をいかに収集できるのかが重要になってきます。以下の情報を明確に知ることで採用に近づくことができます。

  • どのような人物をほしがっているのかh4

    求人案内やホームページなどから企業がどのような人物を必要としているのかを細かく調べます。

     

    企業がコミュニケーション能力を第一に求めていれば、エピソードを織り交ぜて、いかに高いコミュニケーション能力があるのかをアピールします。

     

    求める人物像は企業によってはさまざまなです。応募する企業に合わせてアピールすることが大切です。

  •  

     

     

     

  • どのようなスキルが必要なのか

    求人案内には企業が求めるスキルが書かれていますが、それをすべて満たす必要はありません。ある条件を完全に満たしていなくても、相応の経験やスキルがあること、または、現在勉強中であることなどをアピールします

 

転職面接では即戦力になることを示す

新卒面接では実務経験がないために、適性、将来性、学歴が面接官の判断材料になりますので、「御社で一から学び、戦力になれるようがんばります。」と回答すればまったく問題ありません。

 

一方、転職面接では、即戦力になることを示す必要があります。実績を交えながら前職の経験やスキルをどう活かし、いかに貢献していこうとしているのかが重視されます

 

たとえ短期間の実務経験しかなくても、実務経験から戦力になるかどうかが見極められます。

 

転職面接では第一志望であることを示す

新卒の場合は、長期にわたって就活し、会社訪問を行ったり、会社説明会に参加したりして、多数の会社の中から自分に合う企業を見つけます。採用側もそれを承知の上で面接を行います。

 

しかし、転職面接では応募した会社が第一志望であることを示す必要があります。たとえ、他の会社の応募も同時進行中で、第一志望でなくても、第一志望であるかのように受け答えする必要があります。

 

 

つまり、採用が決まれば入社することが前提で採用側も面接を進めます。

 

このように、転職面接と新卒面接との違いを考えたときには、新卒と転職では内容や流れ、捉え方も全く異なるものなのです。

 

会社の人事担当者や面接官などにとってみると、新卒は将来性などを見るため、不透明な部分も多くて見極めが難しいのですが、転職者の場合では、いろいろな観点から見ることができるので、見極めがしやすいといえましょう。

 

 

 

 

転職するときには、企業とその人の条件などとのマッチングを確認していきます。転職活動をする時には、応募先企業の情報収集をしてからよく研究をして、さらには自己分析をしたうえでの臨むようにするといいでしょう。

 

両者とも、面接の違いはあるのですが、いずれにしても入社後に入ってよかったと思えるような結果に結びつくような就活にしたいものです。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ