転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--年齢が高いですがなじめますか?--

面接の質問--年齢が高いですがなじめますか?--

転職面接で、周りとの年齢のギャップでなじめるかどうかを質問されたときの面接官の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

職場の年齢差の適応力についての質問の意図は?

職場の年齢差の適応力についての質問に対しては、以下の面接官の意図を読み取り回答します。

  • 周りの年齢に関係なく職場に適応できるか?
  • 年下の社員からも謙虚に学ぶ姿勢があるか?
  • 自社の仕事のやり方に柔軟に対応できるか?

 

職場の年齢差の適応力に関する質問に対する回答のヒント

柔軟性や協調性をアピール

今までの経験の中で、年齢差のあるスタッフとうまくコミュニケーションを取り、柔軟に対応してきたこと、協力して仕事をしてきたことなど具体例を含めて回答し、面接官にアピールします。

 

 

 

 

謙虚な姿勢を伝える

面接官が懸念するのは、年下で年齢差があるスタッフに対しても、きちんとした言葉遣いや態度で対応できるかどうかということです。
「同僚や上司が年下でも、謙虚な気持ちで仕事を学びたいと思います。」と、年齢差がある年下のスタッフからも謙虚に学ぶ姿勢があることを示しましょう。

 

過去の実績や肩書にとらわれず、積極的に仕事をする意欲を伝える

過去の実績や肩書などにとらわれるあまり、不遜な態度を取ってしまわないように気を付ける必要があります。謙虚な気持ちを持ち、積極的に仕事をやっていく姿勢を伝えましょう。

 

職場の年齢差の適応力についての質問の良い回答例

全く問題ございません。前職でも20代の社員が多く、私がチームリーダーとなり仕事を行ってきました。コミュニケーションもうまく取り合い頼りにされる存在でした。御社に入社しましたら、上司や同僚の年齢に関係なく謙虚な気持ちで積極的に仕事を覚えていきたいと思います。

最初に結論を語り、その後、具体的なエピソードを話し、年齢差は全く問題ないことをアピールします。謙虚な気持ちを伝え、積極的な姿勢を回答に含めます。

 

 

職場の年齢差の適応力についての質問の悪い回答例

年齢差のある若い社員とはあまり一緒に仕事をしたことがないので、もしかしたら意見が合わないこともあるかもしれませんが、なんとかうまくやっていけるよう精一杯がんばります。

面接官を不安にさせるような言い方は避けるべきです。「全く問題ない」ことをアピールしなければなりません。

 

職場の年齢差の適応力に関する回答方法のまとめ

  • 具体的なエピソードを織り交ぜて、柔軟性や協調性があることを伝える。
  • 年齢差があっても、謙虚に学ぶ姿勢があることを伝える。
  • 過去にとらわれないで、積極的に仕事をやっていく姿勢を示す。

 

 

 

 

職場の年齢差の適応力に関連する他の質問

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ