転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--今日は仕事を休んで来られましたか?--

面接の質問--今日は仕事を休んで来られましたか?--

在職中に転職活動をしている場合、応募者が現職の勤務時間帯に面接を受けに来た場合に聞かれる質問です。

何気ない質問のように聞こえますが、このような質問こそ注意が必要です。

 

この質問の意図と回答方法を説明します。

 

現職の仕事を休んで面接を受けに来たかどうかの質問の意図は?

仕事を休んで面接を受けに来たのかどうかの質問に対しては、以下の意図を読み取り回答します。

  • 現職場とはどのように調整して面接の時間を確保したのか?
  •  

  • 仕事に対して責任感を持てる人か?
  •  

  • 勤務姿勢が誠実な人か?

 

 

 

 

仕事を休んで面接に来たかどうかの質問に対する回答のヒント

現在の職場に対する配慮を示す

現在の勤務先の仕事を犠牲にしてまで面接を受けに来たような印象を与える回答は絶対に避けるべきです。

 

入社意欲が評価されるところか、仕事に対しての責任感が疑われてしまいます。

 

単に「はい」と回答するよりも、「周りにや会社に迷惑をかけたくないので、忙しい中、仕事を前倒しに完了させた」や「他の者に引き継ぎをした」など現在の職場に対する配慮を回答に含めることで、業務の対する誠実な姿勢を示すことができます

 

また、仕事に対する責任感の強さもアピールできます

 

 

仕事を休んで面接に来たかどうかを質問されたときの良い回答例

はい。現在の職場に迷惑がかからないように、前日のうちに仕事を終わらせたうえで、本日は半日休暇を取って面接に参りました。

ただ、「はい。」という回答だけでなく、上記の回答例ならば、「現在の職場に迷惑をかけたくない」、「前日のうちに仕事を終わらせた」など職場に対する配慮をを回答に入れることで、誠実な勤務姿勢や責任感の強さをアピールでき、面接官からの評価を高めることができます

 

仕事を休んで面接に来たかどうかを質問されたときの悪い回答例

いいえ、現在の職場が営業職で時間の融通が利くため、業務の合間を縫って面接に参りました。

勤務中に抜け出して面接を受けるような不誠実なことは、人物面が疑われてしまいます。

 

 

 

 

仕事を休んで面接に来たかどうかの質問に関する回答方法のまとめ

  • 現在の職場が勤務日ならば、業務の途中で抜け出したのではなく、正式に休みを取って面接を受けに来たことを伝える。
  •  

  • 現在の職場に迷惑をかけないための配慮を行ったことを伝えて、誠実な勤務姿勢をアピールする。

 

あわせて読みたい他の質問と回答

「今日は仕事を休んで来たのか?」という質問は面接の冒頭で聞かれます。面接の冒頭で聞かれるその他の記事もあわせてご参考ください。

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ