転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--職種が一貫していない理由は何ですか?--

面接の質問--職種が一貫していない理由は何ですか?--

これまでの経歴で職種に一貫性がなく、バラバラの場合、仕事に対して信念がなく、その場しのぎで転職を繰り返してきたのではないかと面接官は疑いの目を向けてしまいます。

 

ここでは、職種に一貫性がないことの理由を質問されたときの面接官の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

職種が一貫していない理由を聞く質問の意図は?

職種が一貫していない理由を聞く質問に対しては、以下の意図を読み取り回答します。

  • 仕事に対するビジョンを持っているか?
  • 飽きっぽいせいかくでないか?
  • 前職(現職)の会社を非難していないか?

 

職種に一貫性ない理由を質問されたときの回答のヒント

職種が一貫していない理由として、今回応募するまでに必要なプロセスであったことを伝えたうえで、今までのさまざまな経験が今回応募した仕事で実現できることや、幅広い視点があることなどを語ると、面接官に対して良い印象を与えることができます。
自分のキャリアを広げたことを強調することで、仕事に対するビジョンのなさをプラスに転じることができます。

 

 

 

 

職種に一貫性がない場合は、ほぼ間違いなくそのことを質問をされますので、事前に回答を用意して、何度もシミュレートしておきましょう。

 

自分の回答を人に聞いてもらい、客観的に問題がないか確認してみましょう。相手が受ける印象を聞いてみて、面接官の気持ちをしっかりと把握できるようであれば、質問に対する回答もスムーズに行えるでしょう。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ