転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--当社をどのくらい知っていますか?--

面接の質問--当社をどのくらい知っていますか?--

転職面接で、応募先企業についてどれくらい知っているのか質問されたときの面接官の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

応募先企業の知識に関する質問の意図は?

応募先企業の知識についての質問に対しては、以下の面接官の意図を読み取り回答します。

  • 当社をどのくらい理解しているのか?
  •  

  • 当社への高い入社意欲を持っているか?
  •  

  • 応募者の情報収集能力はどのくらいあるのか?
  •  

  • 当社についてどの程度話せばよいか?

 

応募先企業の知識に関する質問に対する回答のヒント

事前に企業や業界について研究しておく

面接担当者は、企業ホームページを通じて、企業や商品などの情報については「ある程度のことは知っているだろう」と考えます。

 

応募先企業の資本金、最近の業績、経営理念、経営方針、社内組織、従業員数など、事前に調べておき面接に臨みましょう。

 

企業について詳しく知っていることで入社意欲をアピールできます

 

 

 

 

あいまいな回答をしない

「大体のことはわかっています」などのようなあいまいな回答は避けます。できる限り明確に回答することで、情報収集能力や入社への真剣な気持ちをアピールすることができます。

 

ホームページを持たない小規模の企業の場合は情報収集は難しいものです。そのような場合は、「面接担当者は単に理解の度合いを尋ねている」ととらえて、率直に回答して差し支えないでしょう。

 

応募先企業についての質問の良い回答例

御社は5年前に設立した会社ですが、設立以来、順調に売り上げを伸ばしており、ゲーム業界で注目されている会社であることを存じております。業界の常識を覆すような行き届いたサービスをユーザーに提供し続けているところが人気の要因だと思います。独創的で革命的な方針で業界をリードしている御社でぜひ働きたいと思っています。

上記の回答例では、会社のことをよく調べているのがわかります。要因まで調査できている点のほかに、勤務意欲をアピールできているのは面接官からの印象が良くなる回答です。

 

応募先企業についての質問の悪い回答例

御社のことはホームページなどを見て、大体のことは存じております。

上記の回答例では、具体的に何を知っているのか回答できていないため、信ぴょう性に欠けています。入社意欲が伝わるように具体的な内容を回答する必要があります。

 

 

応募先企業の知識に関する回答方法のまとめ

  • 事前に企業や業界についてよく研究しておく。
  •  

  • 理解を示すことで入社意欲や情報収集能力をアピールする。
  •  

  • あいまいな回答をしない。

 

応募先企業の知識に関連する他の質問

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ