転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--アルバイト(派遣社員)から正社員希望の理由は?

面接の質問--アルバイト(派遣社員)から正社員希望の理由は?--

転職面接で、アルバイト(派遣社員)から正社員を希望する理由を質問されたときのその意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

アルバイト(派遣社員)から正社員を希望する理由を質問の意図は?

健康問題の質問に対しては、以下の意図を読み取り回答します。

  • なぜ今正社員を希望するのか?
  •  

  • 明確な目標や目的を持っているのか?
  •  

  • 収入や福利厚生など生活の安定だけを求めて正社員を希望していないか?
  •  

  • 正社員としての自覚があるか?
  •  

  • 本気でこの仕事をやりたいと思っているのか?

 

 

 

 

アルバイト(派遣社員)から正社員希望の理由を聞く質問に対する回答のヒント

応募した経緯を答える

特にアルバイト(派遣社員)を長く経験してきた場合は、どういう経緯でこの仕事を応募したのかを面接官は知りたがります。単なる興味本位ではなく、どうしてこの仕事を選び、かつこの会社を選んだのかを回答します。

 

正社員になって実現したいことを語る

アルバイト(派遣社員)ではできなくて、正社員だからこそ実現できることを回答します。

 

考え方として、アルバイ(派遣社員)トは正社員に比べて業務内容が限定されます。以下の点を参考にして正社員希望の理由を回答してみましょう。

  1. アルバイトでは任されなかったが、正社員だからこそ責任のある仕事を任され、やりがいを持って仕事することができる。
  2.  

  3. 幅広い役割を任されることで、自分自身を成長させ、より高度な経験を積むことができる。

 

 

 

 

生活の安定を理由として回答しない

アルバイト(派遣社員)と違い正社員では、社会保険の加入、福利厚生の充実、収入が安定していているなど、生活面での安定が確保できます。

 

しかし、それを正社員希望の理由として面接で回答するのは適切ではありません。

 

たとえ本音では生活の安定を求めて正社員を希望している場合でも、あくまでも応募した仕事がやりたくて応募した旨を回答すべきです。

 

応募先の仕事に関連する取り組みをアピールする

独学、通信教育、資格など、応募先の仕事に関連することにすでにとりかかっていることを伝えることで、本気でその仕事をやりたい気持ちを示すことができます

 

アルバイトから正社員希望の理由を聞く質問の良い回答例

これまでは居酒屋やレストランなど主に外食産業の店舗でアルバイトを続けてきましたが、これからは今までの経験を基に、店舗の売上管理、人材の育成、売り上げアップや店舗拡充のための戦略考案などアルバイトではできなかったことに挑戦していきたいと思い、このたび正社員として応募させていただきました。会社にとって必要な人材となり、会社の繁栄に貢献していきたいと思います。

上記の回答例のように、具体例を交えてアルバイトからのステップアップを正社員希望の動機として回答すれば、信ぴょう性があり、面接官を納得させることができます。具体的に何をして、どのようになっていきたいかまでをかいとうできればベストです。

 

 

アルバイトから正社員希望の理由を聞く質問の悪い回答例

高校を卒業して以来、プロのミュージシャンを目指して、アルバイトで生計を立ててきましたが、生活が苦しいので、正社員希望で御社に応募いたしました。夢を捨てきれないので、今後も並行してプロのミュージシャンを目指していきたいと思います。

生活苦を正社員希望の動機として回答するのは非常に印象が悪いです。仕事や会社のどこに魅力を感じて応募したのかを理由として回答すべきです。夢を持ち続けることは大切なことですが、この場合はプロを目指すことはあきらめ、仕事に打ち込むことを言わなければ採用は難しいと考えたほうがよいです。
たとえアルバイトの経験しかなくても、応募先の業務内容で活かせるところを探してアピールします。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ