転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--仕事できつい経験はありましたか?--

面接の質問--仕事できつい経験はありましたか?--

転職面接で、仕事でのきつい経験を質問されたときの面接官の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

仕事でのきつい経験についての質問の意図を知る

仕事でのきつい経験についての質問に対しては、以下の面接官の意図を読み取り回答します。

  • ストレス耐性はあるか?
  • 厳しい状況に対してどのように取り組み、乗り越えたか?
  • 厳しい状況を乗り越えることができる人物か?

 

仕事でのきつい経験についての質問に対する回答のヒント

厳しい状況に対する取り組みと何を得たのかを回答する

自社でも厳しい状況を乗り越えることができる人物なのかを判断するための質問ですので、面接官にアピールできるよう、どのように取り組み、何を得たのかを具体的に回答します

 

 

 

 

「仕事できつい経験はありませんでした。」は回答になっていない

「仕事できつい経験はありませんでした。」という回答は、ストレス耐性があることにはなりません。厳しいと感じた仕事や状況などを探し出し、その取り組みと得たことを話します

 

仕事でのきつい経験についての質問に対する良い回答例

約2000ページにも及ぶドキュメント制作を任されたときのことです。私はそのプロジェクトのリーダー役を務めましたが、複数名のスタッフの取りまとめが大変でした。スタッフによってもスキル、適性などさまざまでちょっとしたコミュニケーション不足が細かなミスを引き起こしたりもしましたが、毎日のミーティングを実施したり情報共有ツールを使用することで改善し、最終的にはプロジェクトを成功させることができました。この経験を通じて、人それぞれの適性の見極めと適性に応じた采配、密なコミュニケーションが仕事の品質を左右するものだということhがわかりました。

 

仕事でのきつい経験についての質問に対する悪い回答例

私はストレス耐性が強く、体力にも自信があるため、どんな仕事でもきついとは思わず、こなしてきました。

 

 

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ