転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--転勤は可能ですか?

面接の質問--転勤は可能ですか?

就職面接で転勤が可能か聞かれたら、転勤が発生する可能性が高いと考えたほうがよいでしょう。
その場合、「転勤できません」と答えると採用は難しいでしょう。
転勤について質問されたときの回答のヒント、質問の意図、回答例について説明します。

 

転勤についての質問の意図は?

転勤に関する質問に対しては、以下の意図を読み取り回答します。

  • 当社の労働条件と一致しているか?
  • 家族は転勤に対して理解を示しているか?

 

転勤の質問に対する回答のヒント

原則は「問題ありません」と回答する

転勤が可能かどうかの質問が出れば、ほぼ確実に転勤が発生すると考えたほうがよいです。
たとえば、A支社勤務で採用され、転勤したくない場合でも「できればA支社の勤務を希望しますが、転勤辞令が下されば対応いたします。」など柔軟性のある回答をします。

 

 

 

 

あいまいな回答はしない

「その時になってみないとわかりません」や「家族に確認してみないとわかりません」などあいまいな回答は避けるべきです。国内または海外に支店がある会社ならば、転勤の可能性は少なからずあります。事前に会社のホームページなどで調べて、転勤になっても問題がないかを確認しておきましょう。

 

転勤が困難ならば正直に言うべき

親の介護や単なる本人希望など理由は何であれ、転勤の対応が困難ならば、面接の段階で正直に言うべきです。転勤の辞令が下された後に、転勤を拒否すればトラブルになりかねません。

 

ただし、転勤を避けたい回答をすれば、仕事に対する理解や意気込みが疑われ、採用は難しくなることは覚悟しなければなりません。転勤が難しいならば、応募する会社を考え直したほうがよいかもしれません

 

転勤できない事情を面接で話し、それを面接官がどう受け止めるかということになりますが、面接官を納得させることのできる、転勤を断れる事情はほぼないと考えたほうがよいでしょう。

 

もし、何らかの事情で今すぐの転勤はできなくても、数年後は転勤可能な場合は、「現在は○○の事情で転勤は無理ですが、○年後以降ならば転勤可能です」と回答すれば、転勤に対して柔軟性のある姿勢を示すことができます。

 

 

転勤が可能かどうかを質問されたときの良い回答例

全く問題ございません。採用後は転勤も経験して御社全体を知り、経験とスキルを身に付け、仕事の幅を広げていく必要があると思います。将来、御社で活躍していくには転勤は必要なステップだと捉えています。

上記の回答例では、将来活躍するために転勤が必要であると、意欲的な姿勢を伝えることができます。面接で上記のような回答ができれば面接官からは好感を持たれます。

 

転勤が可能かどうかを質問されたときの悪い回答例

現在、母親に持病があるため兄と交代で面倒を見ていることもあり、まずは兄や家族と話し合ってからでないと回答が難しいです。

求人案内に転勤のことが書かれていなくても、他県や海外に支店を持つ会社ならば、転勤の可能性も視野に入れておく必要があります。上記の場合だと、事前に家族と話し合ったうえで回答を準備しておきましょう。

 

 

 

 

転勤が可能かどうかを質問されたときの条件付き回答例

現状は問題ありません。しかし、私には兄弟がいないため、両親が高齢になり、介護が必要になったときはご相談いただくことがあるかもしれません。

採用された後に言うよりは、採用前に伝えておけば、後のトラブルを防ぐことができます。

 

転勤に関する質問の回答方法のまとめ

  • 転勤が可能かどうか聞かれたら、転勤があると考えたほうがよい。
  • 原則として「問題ありません」と回答する。
  • 「転勤は不可」と回答すれば、採用は難しい。
  • 採用後にトラブルにならないために正直に答えるべき。
  • 今すぐの転勤が難しいとき、将来は転勤先から戻りたいときは条件付きで転勤が可能であることを伝える。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ