転職面接の対策・質問・マナー

面接官の質問に対する適切な回答とは?

面接官の質問に対する適切な回答とは?

ここでは転職面接時における面接官の質問について説明します。

 

 

面接前に求人情報を読み直す

面接に失敗する多くの原因は、応募先企業の業務内容、求める人物像、適性などの調査不足のために、面接官が想定している回答に合致した回答ができなかったことにあると言われています。

 

応募先企業のホームページを閲覧し、求人内容や会社概要をしっかりと把握して、面接に臨む必要があります。

 

質問の意図に合う回答をする

面接官の質問の回答の仕方で大切なことは、「面接官がなぜその質問をするのか」という質問の意図を読み取ることが大切です。

 

 

 

 

面接官が求めている回答とはまったく的外れの回答をしているようでは、採用されることはないでしょう。

 

面接で聞かれる質問にはすべて意味があると思ったほうがよいでしょう。常に質問の言葉の裏側を読むことが重要です。

 

どう回答すれば応募先にメリットがあるかを考える

転職の面接では必ず前職の経歴を話すよう求められます。そのとき応募先の仕事とは関係のないことをダラダラと話されても、採用側としてはそこから何のメリットも見出せません。

 

「この人はうちの会社では戦力にならない。」と思われてしまいかねません。

 

前職の経歴を聞かれたら、応募先の業務と関連のあることを強調して話すのが質問に対する正しい回答です。

 

チームワークが要求される会社ならば、自己紹介や自己PRなどで協調性があることを伝えます。

 

緻密さが要求される仕事ならば、細かな作業を高い精度で行えることを回答の中に盛り込んで答えます。

 

面接の前に募集要項を見直し、どのような業務内容なのか、また、どのような人物を必要としているのかを確認すると、面接官が求める回答が見えてきます。

 

 

活躍できる人材であることを伝える

例えば面接官から志望動機を聞かれたとき、「以前からやってみたいと思っていた仕事だったため応募しました。」や「これから伸びていく業界なので応募しました。」では単なる応募者の個人的な事情でしかなく、採用側から見れば何のメリットもありません

 

なぜ企業が中途採用を募集しているのかを考えれば、自ずと適切な回答が見つかるのではないでしょうか。新卒とは違い、転職求人は即戦力が求められるのです。

 

したがって、転職の面接で志望動機を聞かれたら、今までの経験やスキルのどの部分を応募先の企業でどのように活かし貢献していくのかを答えるのが正しい回答の仕方です

 

入社後に貢献できることに絞って回答する

面接官が質問で聞く目的は、応募先の業務内容を問題なくこなすことができるのか、人物や労働条件に問題がないかをなどを見極めるためです。

 

応募先の業務にまったく関係のないことや前職の不満は面接官が聞きたい内容ではありません。

 

例えば「自己紹介をしてください。」言われたとき、単に今までの経歴を話すのではなく、応募先で役立てること、実績や成果を織り交ぜながら、自己PRするように話します

 

 

 

 

退職理由を聞かれたら、前職の不満ではなく、やりたいことがあったから退職を決意した、と回答します。

 

まとめ

  • 面接の前に求人情報をホームページなどでしっかりと把握しておく
  • 面接の質問にはすべて意味がある
  • 回答するときは、質問の真意を読み取って回答する。
  • 業務内容、人物像、適性など応募先企業が求めるものに合致するように回答する。
  • 活躍し、貢献できることに絞って回答する(応募先にとってメリットのない回答をしない)。
▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ