転職面接の対策・質問・マナー

最終面接(役員面接)で気をつけること

最終面接(役員面接)で気をつけること

転職や就職をする時は面接を受けることになりますが、面接を何度か受けて最終面接になった時に気を抜いてしまう人がいます。

 

実は最終面接の段階ではまだ厳しい競争があるので、ここで気を抜くと簡単に落ちてしまいます。

 

職に就く時の最後で行われる役員面接では、その人物の確認が行われます。

 

ここで問われるのは今までの面接の発言との整合性なので、最終面接と今までの面接とで違うことをいうと落とされてしまいます。

 

最後に受ける役員面接では、何度も面接を受けているので言っていることが曖昧になりやすいです。

 

しかし、それではまずいので自分がどのようなことを話してきたのかを最終面接前に再確認して、矛盾のある発言をしないようにすべきです。

 

また、最終面接は確認のための面接でもありますが、人物に対する厳しい評価をする場でもあります。

 

 

 

 

例えば面接を受ける前や後の態度も、細かくチェックされているので注意が必要です。

 

よくあるのが役員面接を終えて気を抜いてしまい、それが面接失敗につながるパターンです。

 

最終面接は今までの発言の確認と、その人が本当に会社に貢献してくれるのかをチェックする意味があります。

 

そういう意味ではこれまでの面接よりも、より厳しく見られているといえます。

 

このような意識を持って役員面接を受けるべきで、あまり気楽な気分で受けてしまうと失敗しやすいです。

 

最終面接は内定にかなり近い状態なので、簡単に対処できると考えてしまいます。

 

しかし、実際はかなり厳しい面接になることもあり、また倍率も高い場合があるので気を抜かないほうがいいです。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホーム RSS購読 サイトマップ