転職面接の対策・質問・マナー

面接で採用されない理由

面接で採用されない理由

面接での感触は良かったのに、不採用になってしまったというケースを一度は経験されたことがあるかと思います。
転職面接で採用されない理由のついて説明します。

 

応募者の志向と応募先企業の方向性が合わなかった

応募者の志向と応募先企業の方向性が合わない場合、経験やスキルが応募条件を満たしていても、企業が求める人物像に合わなければ採用が見送られてしまう可能性があります

 

企業側から「ほしい」と思わせなければ、採用されることはありません。

 

転職面接で採用されるには、面接官の質問の裏にある「聞きたいこと」を捉え、その求められている回答に近づけることが重要です。

 

答え方/逆質問の聞き方が悪かった

面接官の質問に対する回答方法や逆質問の聞き方次第で、プラス評価にもマイナス評価にもなります。

 

つまり、面接の途中までは面接官に良い印象を与えていたとしても、回答方法や聞き方を間違えると、一気にマイナス評価に転じてしまう可能性があります

 

 

 

 

たとえば、前職の退職理由を質問されたとき、「前職では実現できなかったことが応募先でそれが実現できるから」と回答すればプラスの評価になりますが、「残業が多かった」や「人間関係が悪かった」という回答ではマイナス評価になり、それだけで不採用になる可能性もあります。

 

 

また、残業や休日出勤、産休や育児休暇、給与など聞きづらい質問をするときは一層の注意が必要です。
いずれもストレートに質問するのではなく、「やる気」が伝わる前置きをしたうえで質問します

 

参考
質問に対する良い回答例、逆質問の良い聞き方例については以下を参考にしてください。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接官の質問に対する適切な回答とは?
転職面接を突破するには、面接官の質問の意図を読み取り、面接官が望んでいる回答をすることが 大切です。
転職面接と新卒面接の違いとは?
転職面接を突破するための対策、マナー、転職面接で聞かれる質問とその回答例、逆質問、圧迫面接の対策、自己アピール例、志望動機例などを公開しています。
面接官にインパクトを与える方法
面接官にインパクトを与えるには、活かせる経験を強調する、結論を先に言う、キーワードを盛り込む、強みをアピールするなどを行うことです。
転職面接の面接官の評価ポイント
面接官の評価ポイントは、一番目に第一印象、二番目に適応能力(職場環境、協調力、業務の適応力)、三番目に業務スキルです。
面接は第一印象が大切
面接は第一印象が大切です。つまり「見た目」です。「見た目」とは服装、姿勢、態度、表情、身振り、顔つき、目つきを指します。
面接の前日までに準備しておくこと
面接の前には、事前に企業研究をすること、提出書類に目を通す、自己分析をしっかりしましょう。会社までの経路を調べたり、持ち物もチェックします。
受け付け時の面接マナー
面接は受付から始めります。受け付け時の面接マナーについて説明します。
面接の入室・お辞儀・座り方
入室の仕方、歩き方、お辞儀の仕方、座り方などについて説明します。
面接時の受け答え・退室
面接時の受け答え方、退室の仕方について説明します。面接時の目線、表情に注意します。退出後も気を緩めないことが大切です。
転職面接の流れ
転職面接では、今までの経歴を時系列で説明→退職理由→志望動機→自己PR、の流れが一般的です。
面接時の言葉遣い
面接時の敬語の使い方について説明します。
最終面接(役員面接)で気をつけること
最終面接(役員面接)までいくと内定は近いですが、近いからといって気を抜いてはいけません。 会社によっては5倍以上の競争率があることもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ