転職面接の対策・質問・マナー

良い印象を与える逆質問

良い印象を与える逆質問

面接時に必ずと言っていい程、「最後に何か質問はありますか?」聞かれますが、このときはどのような逆質問をすると、面接官に良い印象を与えることができるのでしょうか。
ここでは、良い印象を与える逆質問例を紹介していきましょう。

 

  • 入社までにどのようなことを勉強すればよろしいでしょうか?

    自ら勉強していこうとする気持ちがあることが伝わる逆質問です。入社後、会社の研修に期待しているようでは受け身的であると思われてしまいます。会社は学校ではありませんので、自主的に勉強していく姿勢を伝えることが大切です。

  •  

     

  • どのようなスキルを身に付ければ、今後の仕事に役立ちますか?
  • 現在の私のスキルと経験で足らないものがありましたらお教えください。

    スキルアップへの強い意志と応募先企業に貢献していきたい姿勢が伝わる逆質問です。

  •  

     

     

     

  • 御社の業績好調の原因は何でしょうか?

    業績が好調であることを知っているということは、企業について研究してきたことを示すことができます。

  •  

     

  • 御社の今後における海外営業戦略について教えて下さい。
  • 御社が取り組んでる新規事業の展開方針を教えていただけますでしょうか?

    業務に積極的に関わっていきたい姿勢が伝わる逆質問です。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

転職面接での逆質問の聞き方
転職面接の逆質問の聞き方について説明します。前向きな姿勢が見えるような前向きな質問を多く用意しておきましょう。
悪い印象を与える逆質問
給与、有給休暇、福利厚生などは聞き方を間違えると悪い印象を与える逆質問になってしまいます。調べればわかることを逆質問するのは悪い印象を与えます。
転職面接の逆質問1--給与額の聞き方--
給与額については、採用後の双方の行き違いをなくすために、面接のときに確認しておいた方がよいです。配慮のある聞き方をすることが重要です。
転職面接の逆質問2--残業や休日出勤の聞き方--
残業や休日出勤についてストレートに質問するのではなく、前向きに対応する姿勢を示したり、前職で積極的に残業や休日出勤を行ってきた実績を語ったうえで質問し真
転職面接の逆質問4--産休や育児休暇についての聞き方--
産休や育児休暇について聞きたいときは、長く勤務したいことを前提に将来のビジョンを語りながら、実際に子育てしながら働いている人がどれくらいいるのかを聞くのがよいです。
転職面接の逆質問3--試用期間についての聞き方--
入社後の行き違いを防ぐためにも、気になるならば確認しておいた方がよい内容ですが、ストレートには聞かないほうがよいでしょう。
転職面接の逆質問5--今後の経営ビジョンの聞き方--
会社の将来のビジョンについての質問は、前向きで意欲的な姿勢を示すことができます。
転職面接の逆質問6--転勤や出向有無の聞き方--
転勤や出向の有無について、気になる場合は確認しておいたほうがよいですが、否定的に受け止められそうな質問をしないほうがよいでしょう。
転職面接の逆質問7--社風や職場の雰囲気の聞き方--
社風や職場の雰囲気を逆質問するときは、企業に対する自分のイメージを伝えたうえで、面接官に確認するのが良い方法です。
転職面接の逆質問8--社内見学をしたいときの聞き方--
社内見学できるかどうかを聞くことで、応募先企業に入社したい強い意志を示すことができます。
転職面接の逆質問9--残業代についての聞き方--
残業代について質問するときは、ストレートに聞くのではなく、前向きな姿勢を示して聞くことが重要です。
転職面接の逆質問10--離職率についての聞き方--
離職率の逆質問の聞き方として、ストレートに聞くのではなく、遠まわしに聞くようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ