転職面接の対策・質問・マナー

転職面接の逆質問6--転勤や出向有無の聞き方--

転職面接の逆質問6--転勤や出向有無の聞き方--

転職面接で転勤や出向の有無について逆質問するときの注意点や質問例を紹介します。

 

転勤や出向の有無を逆質問するときの注意点

転勤や出向は可能であることを前提に逆質問する

原則として、転勤や出向には問題なく対応できることを示した上で質問します

 

いきなり「転勤や出向はありますか?」と質問すると、とらえ方によってはネガティブな印象を与えかねません。

 

さまざまな経験を積み、仕事のスキルを高めていくために転勤や出国は必要なことだと思いますが・・・」などのように前置きをして、転勤や出向も可能である姿勢を示します

 

客観的な聞き方をする

転勤や出向をしたい/したくないなどの主観を入れないで、あくまで中立的な聞き方をします。

 

 

 

 

「ぜひ海外転勤を経験したいのですが・・・」ではなく、「どのくらいの頻度で転勤がありますか?」など中立的な立場から逆質問します。

 

転勤や出向有無を聞きたいときの逆質問--例1

いろいろな経験を積んだり、スキルアップのためにも他の支店で働くことが大切なことだと考えていますが、転勤はどのくらいの頻度でありますか?

上記の逆質問例では、本当の気持ちは別にして、転勤を前向きにとらえていることが伝わってきます。

 

転勤や出向有無を聞きたいときの逆質問--例2

御社は全国に支店が6つあり、求人案内に「転勤の可能性あり」と書かれていましたが、転勤のサイクルや転勤先地域について、現状の社員の方々の状況をお聞かせいただけますでしょうか?

転勤のサイクルだけでなく、転勤先地域も気になる聞きたい場合は、上記のように質問します。また、社員の状況を逆質問することでかなりやわらかい印象を与えることができます。

 

 

転勤や出向有無の聞き方に関してのまとめ

  • いきなり「転勤や出向はありますか?」と質問するのではなく、転勤や出向に対して積極的な姿勢が伝わる前置きをする。
  •  

  • 主観を含めずに「どのくらいの頻度で転勤があるか」といった中立的な聞き方をする。

 

 

転勤や出向の有無に関連するその他の質問

面接の質問--転勤は可能ですか?

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

転職面接での逆質問の聞き方
転職面接の逆質問の聞き方について説明します。前向きな姿勢が見えるような前向きな質問を多く用意しておきましょう。
良い印象を与える逆質問
良い印象を与える逆質問を紹介します。
悪い印象を与える逆質問
給与、有給休暇、福利厚生などは聞き方を間違えると悪い印象を与える逆質問になってしまいます。調べればわかることを逆質問するのは悪い印象を与えます。
転職面接の逆質問1--給与額の聞き方--
給与額については、採用後の双方の行き違いをなくすために、面接のときに確認しておいた方がよいです。配慮のある聞き方をすることが重要です。
転職面接の逆質問2--残業や休日出勤の聞き方--
残業や休日出勤についてストレートに質問するのではなく、前向きに対応する姿勢を示したり、前職で積極的に残業や休日出勤を行ってきた実績を語ったうえで質問し真
転職面接の逆質問4--産休や育児休暇についての聞き方--
産休や育児休暇について聞きたいときは、長く勤務したいことを前提に将来のビジョンを語りながら、実際に子育てしながら働いている人がどれくらいいるのかを聞くのがよいです。
転職面接の逆質問3--試用期間についての聞き方--
入社後の行き違いを防ぐためにも、気になるならば確認しておいた方がよい内容ですが、ストレートには聞かないほうがよいでしょう。
転職面接の逆質問5--今後の経営ビジョンの聞き方--
会社の将来のビジョンについての質問は、前向きで意欲的な姿勢を示すことができます。
転職面接の逆質問7--社風や職場の雰囲気の聞き方--
社風や職場の雰囲気を逆質問するときは、企業に対する自分のイメージを伝えたうえで、面接官に確認するのが良い方法です。
転職面接の逆質問8--社内見学をしたいときの聞き方--
社内見学できるかどうかを聞くことで、応募先企業に入社したい強い意志を示すことができます。
転職面接の逆質問9--残業代についての聞き方--
残業代について質問するときは、ストレートに聞くのではなく、前向きな姿勢を示して聞くことが重要です。
転職面接の逆質問10--離職率についての聞き方--
離職率の逆質問の聞き方として、ストレートに聞くのではなく、遠まわしに聞くようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ