入社後にやりたいことに関する質問の回答方法と回答例

面接の質問--入社したら当社で何をやりたいですか?--

面接の質問19--入社したら何をやりたいか?--

転職面接で、入社後に何をやりたいのか質問されたときの面接官の質問の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

入社後にやりたいことに関する質問の意図を知る

入社後のやりたいことに関する質問に対しては、以下の意図を読み取り回答します。

  • 自社に入社したい意欲が本当にあるか?
  •  

  • 自社の仕事内容を理解しているか?
  •  

  • 長期的なビジョンを持っているか?
  •  

  • どういう志向なのか?
  •  

  • 希望する仕事内容や環境が自社にあるか?

 

 

 

 

入社後にやりたいことに関する質問に対する回答のヒント

この質問に対しては、単にやりたいことを答えるだけではなく、どのようなスキル・経験を活かし、それを通じてどのようなことを実現したいのか、会社に対してどのように貢献していくのかまで回答するのがベストです。

求人案内の仕事内容をそのまま言わない

求人案内には仕事内容が書かれていますが、やりたいこととしてそのまま回答しないことです。面接官は応募者に対して独自性のあるの回答を求めています。他の応募者と差別化を図るためにも、事前に回答を準備しておきましょう。

 

職務内容をベースにやりたいことを伝える

「やりたいこと」とは、応募企業の職務内容をベースにして何をやりたいかを回答します。応募先での職務内容から外れないように注意する必要があります。職務内容から外れてしまうと、応募先の職務内容を全然理解していない思われてしまい、面接での評価を下げてしまいます。

 

やりたいことにからめてできることをアピールする

「○○のスキルを活かして××をやってみたいです。」と自分が応募先で発揮できる経験やスキルをアピールしましょう。

 

企業に貢献できることを回答する

企業は、スキル・経験を活かし、会社に貢献できる人材を採用したいわけです。職務内容をしっかりと理解し、企業への貢献を期待させるように回答します

 

 

入社後にやりたいことを質問されたときの良い回答例

まずは店舗にて接客、販売、店舗の管理を行い、現場をしっかりと学びたいです。その後は、店舗全体の販売戦略、数値分析などマネジメントを行い、店舗の売り上げアップに貢献していきたいと思っております。

上記の回答例では、やりたいことが具体的に述べられています。企業への貢献も回答に含まれています。

 

入社後にやりたいことを質問されたときの悪い回答例

いろんなことをやってみたいです。

意欲的な回答に聞こえますが、「いろいろやりたいです」や「何でもやります」は転職の面接ではあり得ません。中途採用の場合、求人企業が求めているスキル・経験を活かし、応募者自身の目標を実現し、会社に貢献してくれる人を採用したいわけです。それに応えるように回答する必要があります。

 

 

 

 

入社後にやりたいことに関する回答方法のまとめ

  • 求人案内の仕事内容をそのまま回答するのではなく、それをベースにどんなことをやりたいのかを回答する。
  •  

  • 活かせる経験やスキルをやりたいことにからめて回答する。
  •  

  • 企業にとってメリットがある内容を伝える。
  •  

  • 長期的なビジョンを回答に含める。

 

入社後にやりたいことに関連する他の質問

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接の質問--当社をどのくらい知っていますか?--
この質問は、応募者の情報収集能力、入社意欲、会社についてどの程度話しをすればよいかの目安を知るために聞かれます。事前に企業研究し、明確に回答しましょう。
面接の質問--応募条件の不足どう補いますか?--
応募条件を満たしていないときは、実務能力のほかに、通信教育やセミナー参加など独学で自己啓発している、実務経験で相応の実力があることを伝えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ