転職面接の対策・質問・マナー

転職面接での逆質問の聞き方

転職面接での逆質問の聞き方

転職における面接では、必ずと言っていいほど最後に「何か質問はありますか?」と聞かれます。

 

この時に、「特にありません。」という返答をしてしまっては、最後のアピールのチャンスを逃してしまうことにもなってしまいますから、そうならないように、いくつか自分で質問を用意しておき、面接官に逆質問をすることが肝心です。

 

しかし、逆質問には注意が必要です。その内容によっては、かえってマイナスの印象を与えてしまう可能性もありますから、内容は慎重に選択すべきです。

 

まずは、できれば避けたい質問としては次のことが挙げられます。

  • 福利厚生や手当などの質問

    福利厚生や手当など業務とは直接関連のない質問をしてしまうと、転職先の選択基準が福利厚生を重視しており、仕事内容を軽視しているのではないか、というような印象を与えてしまいかねないからです。


  •  

     

     

     

  • 「はい」「いいえ」で完結する質問

    「はい」「いいえ」で完結するような単純な質問だとそれで終わってしまい、発展性がないからです。


  • ホームページや募集要項に掲載している内容の質問

    応募先企業に関するリサーチが不足していると思われます。入社意欲を疑われてしまう可能性があります。

 

単純な質問ではほとんど意味のない時間になってしまいます。逆質問は、自分の素質を披露して、いかに自分が転職先の仕事に適しているかということをアピールするチャンスでもありますので、自分の長所などと組み合わせながら、転職先に貢献できることはないだろうか、という内容を質問すると、好印象につながります。

 

しかし、露骨にアピールしようとしてしまうと、模範解答のような逆質問になってしまい、事前に反復練習したような作りこんできた面接、という印象を与えてしまうこともありますから、その辺に関しては注意が必要です。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

良い印象を与える逆質問
良い印象を与える逆質問を紹介します。
悪い印象を与える逆質問
給与、有給休暇、福利厚生などは聞き方を間違えると悪い印象を与える逆質問になってしまいます。調べればわかることを逆質問するのは悪い印象を与えます。
転職面接の逆質問1--給与額の聞き方--
給与額については、採用後の双方の行き違いをなくすために、面接のときに確認しておいた方がよいです。配慮のある聞き方をすることが重要です。
転職面接の逆質問2--残業や休日出勤の聞き方--
残業や休日出勤についてストレートに質問するのではなく、前向きに対応する姿勢を示したり、前職で積極的に残業や休日出勤を行ってきた実績を語ったうえで質問し真
転職面接の逆質問4--産休や育児休暇についての聞き方--
産休や育児休暇について聞きたいときは、長く勤務したいことを前提に将来のビジョンを語りながら、実際に子育てしながら働いている人がどれくらいいるのかを聞くのがよいです。
転職面接の逆質問3--試用期間についての聞き方--
入社後の行き違いを防ぐためにも、気になるならば確認しておいた方がよい内容ですが、ストレートには聞かないほうがよいでしょう。
転職面接の逆質問5--今後の経営ビジョンの聞き方--
会社の将来のビジョンについての質問は、前向きで意欲的な姿勢を示すことができます。
転職面接の逆質問6--転勤や出向有無の聞き方--
転勤や出向の有無について、気になる場合は確認しておいたほうがよいですが、否定的に受け止められそうな質問をしないほうがよいでしょう。
転職面接の逆質問7--社風や職場の雰囲気の聞き方--
社風や職場の雰囲気を逆質問するときは、企業に対する自分のイメージを伝えたうえで、面接官に確認するのが良い方法です。
転職面接の逆質問8--社内見学をしたいときの聞き方--
社内見学できるかどうかを聞くことで、応募先企業に入社したい強い意志を示すことができます。
転職面接の逆質問9--残業代についての聞き方--
残業代について質問するときは、ストレートに聞くのではなく、前向きな姿勢を示して聞くことが重要です。
転職面接の逆質問10--離職率についての聞き方--
離職率の逆質問の聞き方として、ストレートに聞くのではなく、遠まわしに聞くようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ