転職面接の対策・質問・マナー

面接の前日までに準備しておくこと

面接の前日までに準備しておくこと

転職活動を行う時に、希望するいくつかの企業への面接を受けることになりますが、ただ質疑応答を行うだけでなく事前に行える準備をしておくことで、スムーズな転職活動ができるようになります。

 

面接会場までのルート、所要時間を調べる

面接会場までのルートは一つだけではなく複数のルートをメモしておきます。バスや電車が事故などで大幅に遅れたり、運転を見合わせることがあり得なくもありません。当日トラブルが起こっても柔軟に対処できるようにしておきます

 

また、面接会場までの所要時間も各ルートごとに確認しておきましょう。

 

企業情報を収集する

企業のホームページ、会社概要、沿革はもちろんのこと、プレスリリースやニュースページがあればチェックをして最近のその企業の動向を調べておきます。

 

応募の段階である程度は調べているでしょうが、より詳しくその企業の研究をしておくことで、その企業の志望動機や応募をするきっかけがしっかり答えられるようになります。

 

 

 

 

その応募する企業について勉研究していることが面接で伝われば、その企業に入社したい意思がより強く伝わります。

 

応募書類の控えを読み返す

面接を受ける企業に送った応募書類の控えをしっかりと読み返しておきます。特に転職面接では学歴よりも職務経歴が重要になってきます。

 

履歴書の職歴欄と職務経歴書を見比べて、年月日、職務内容、社名にミスや誤字脱字がないか確認します。

 

転職面接では初めに自己紹介をしたあと、職務経歴を時系列で話すよう促されます。

 

面接でスラスラ話せるように何度も読み直し、しっかりと頭に叩き込んでおきます。

参考

 

 

入室・挨拶・歩き方・着席・退室を練習する

転職面接では質問の受け答えの内容だけで決まるわけではありません。入室、着席、退室時の社会人マナーが備わっているか、挨拶をハキハキと大きな声で言えたか、歩くときの姿勢に問題がないかなども含め総合的に評価されます。

参考

 

面接メモを作成する

初めての転職の場合でも、転職を複数経験している場合でも、あらかじめ想定される質問に対する回答を面接メモとして用意しておくとよいです。

 

最低でも、基本的な以下のポイントは抑えておきましょう。

  • 自己紹介

    転職面接での自己紹介とは名前や趣味を語る場ではありません。企業に勤務して仕事をした経験があるわけですから、応募先の企業で活かすことのできる経験やスキルを中心に話します。

     

  •  

     

     

     

  • 自己PR

    自己PRは上記の「自己紹介」と似ています。自己PRは自分をプレゼンするわけですから、自分の「売り」になることを強調して話します。結論を最初に述べ、具体例を添えてその根拠も示す必要があります。

     

  •  

  • 志望動機

    志望動機は、どこの企業にも通用するような動機ではなく、応募先企業にしかない魅力応募先企業だからこと実現できることを話すべきです。そのためにはホームページなどでの企業研究が欠かせません。未経験職種ならば現在の具体的な取り組みを話します。

     

  •  

  • 退職理由

    退職理由は、「人間関係が悪かった」、「給料が安かった」、「仕事がきつかった」などネガティブな理由では、「同じような状況になったときに、また転職を繰り返すのでは?」と思われるため、その応募者は敬遠されます。たとえ本音がネガティブな理由による退職であっても、志望動機に直結するような退職理由を話すべきです。

     

 

 

所持品をチェックする

面接前日に以下のものをそろえておきましょう。

  • 履歴書・職務経歴書の控え

    面接会場に入る前にもう一度チェックするとよいでしょう。

  •  

  • 筆記用具・メモ帳

    一目で安物とわかる筆記用具やメモ帳は控えましょう。社会人ですから、ケチらずにそれなりのものをそろえましょう。

  •  

  • 面接会場までの経路マップ

    複数の経路(路線)マップや乗り換え時刻表を準備しておきます。

  •  

  • 面接メモ

    これも面接会場に入る前にもう一度チェックするとよいでしょう。

  •  

  • 当日着るスーツ(ジャケット)、ネクタイ、シャツ、靴、カバン
  • スーツ、シャツにシワがないか、ネクタイがよれていないか、靴に汚れがないかを前日にチェックしておきます。

 

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接官の質問に対する適切な回答とは?
転職面接を突破するには、面接官の質問の意図を読み取り、面接官が望んでいる回答をすることが 大切です。
転職面接と新卒面接の違いとは?
転職面接を突破するための対策、マナー、転職面接で聞かれる質問とその回答例、逆質問、圧迫面接の対策、自己アピール例、志望動機例などを公開しています。
面接で採用されない理由
転職面接で採用されないのは、面接官の意図がわからず期待はずれの回答や反応、応募先の業務内容や求める人材に合わせたアピールができなかったことが原因です。
面接官にインパクトを与える方法
面接官にインパクトを与えるには、活かせる経験を強調する、結論を先に言う、キーワードを盛り込む、強みをアピールするなどを行うことです。
転職面接の面接官の評価ポイント
面接官の評価ポイントは、一番目に第一印象、二番目に適応能力(職場環境、協調力、業務の適応力)、三番目に業務スキルです。
面接は第一印象が大切
面接は第一印象が大切です。つまり「見た目」です。「見た目」とは服装、姿勢、態度、表情、身振り、顔つき、目つきを指します。
受け付け時の面接マナー
面接は受付から始めります。受け付け時の面接マナーについて説明します。
面接の入室・お辞儀・座り方
入室の仕方、歩き方、お辞儀の仕方、座り方などについて説明します。
面接時の受け答え・退室
面接時の受け答え方、退室の仕方について説明します。面接時の目線、表情に注意します。退出後も気を緩めないことが大切です。
転職面接の流れ
転職面接では、今までの経歴を時系列で説明→退職理由→志望動機→自己PR、の流れが一般的です。
面接時の言葉遣い
面接時の敬語の使い方について説明します。
最終面接(役員面接)で気をつけること
最終面接(役員面接)までいくと内定は近いですが、近いからといって気を抜いてはいけません。 会社によっては5倍以上の競争率があることもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ