転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--継続して励んでることはありますか?--

面接の質問--継続して励んでることはありますか?--

転職面接で、継続して励んでいることについて質問されたときの面接官の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

継続して励んでいることについての質問の意図は?

この質問に対しては、以下の意図を読み取り回答します。

  • 自主的に行動や取り組みができる人物か?
  •  

  • (未経験者に対して)新しい仕事に就くための準備をしているか?

 

継続して励んでいることについての質問に対する回答のヒント

現在進行形で回答する

同職種の仕事であろうが、未経験の仕事であろうが、すでに取り掛かっていて現在も継続中であることを伝える必要があります。

 

「これからがんばります。」や「○○することを計画中です。」では、信ぴょう性に欠けてしまいます。

 

面接官にやる気を伝えるならば、「現在、○○をやっています。」とすでに取り組んでいる内容を回答します。

 

仕事に関連付けてエピソードを交えて回答する

仕事に直接関連する内容がベストですが、そうではない場合でも仕事に関連付けエピソードを交えて回答することで説得力を持たせることができます。

 

 

 

継続して励んでいることについての質問の良い回答例

地元のサッカーチームに8年間所属し、ここ3年間キャプテンを務めています。キャプテンとしての統率力は、チームワークを大切にする御社の営業で役立てることができると思っております。

上の回答例のように、仕事に関連のないことであっても、応募先の仕事内容に結び付けることで評価を得ることができるでしょう。単に「統率力があります。」と回答するよりも面接官に与えるインパクトは異なってきます。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接の質問--健康に問題はありませんか?--
この質問は、支障なく仕事が可能かどうかを知るために聞かれます。通院が必要ならば正直に言い、仕事には影響がないことを伝えましょう。
面接の質問--休日はどのように過ごしていますか?--
この質問は、応募者のライフスタイルや興味の志向性を知るために聞かれます。「何もしていません」は回答になっていません。仕事に関連する自己啓発は高く評価されます。
面接の質問--特技は何ですか?--
この質問は、採用するとどういうメリットがあるのか知るために聞かれます。求める人物像に合わせて答えるのがよいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ