転職面接の対策・質問・マナー

面接に遅れるときの対応方法

面接に遅れるときの対応方法

面接会場に向かうときに、電車やバスが遅延したり、忘れ物を取りに帰ったりして、面接時間に間に合わない事態に遭遇する可能性もあります。

 

面接会場に遅れないための予防策

  • 面接会場には約30分前には到着する時間に出発する。
  •  

  • 複数のルートを確認しておく。
  •  

  • 面接会場の下見に行く。

 

面接会場には約30分前には到着する時間に出発する

面接時間の約30分前に到着することを想定しておけば、急なトラブルが発生してもなんとか対処できそうです。

 

複数のルートを確認しておく

面接会場までの複数のルートも調べておくとよいでしょう。それぞれの所要時間も併せて調べておくこともおすすめします。

 

 

 

 

参考
面接の前日までに準備しておくこと

 

面接会場の下見に行く

「道に迷ってしまったため遅れました。」は遅刻の理由として通用しません。印象もかなり悪くなります。
事前に面接会場まで下見に行き、場所をしっかりと把握しておくべきです。

 

採用担当者の連絡先を聞いておく

面接当日の緊急連絡先として、採用担当者の電話番号を聞いておきます。急なトラブルが発生したときに連絡することができます。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接に行けなくなったときの対応方法
病気などのやむを得ない事情で面接に行けなくなったときは、事情を話して、別の日に面接を受けれないか交渉してみましょう。
話が矛盾していることを指摘されたときの対応方法
話が矛盾していることを指摘されたときは、素直に認めて訂正することが大切です。
一次/二次面接で同じ質問をされたときの対応方法
一次/二次面接で同じ質問をされたときは、基本的には同じことを回答します。ただし、二次面接ではより具体的に答えるのがよいでしょう。
わからない質問をされたときの対応方法
回答できない質問をされたときは、素直に認めたうえで、自宅に帰って調べるなど前向に回答することです。

ホーム RSS購読 サイトマップ