転職面接の対策・質問・マナー

最終面接(役員面接)で気をつけること

最終面接(役員面接)で気をつけること

転職や就職をする時は面接を受けることになりますが、面接を何度か受けて最終面接になった時に気を抜いてしまう人がいます。

 

実は最終面接の段階ではまだ厳しい競争があるので、ここで気を抜くと簡単に落ちてしまいます。

 

職に就く時の最後で行われる役員面接では、その人物の確認が行われます。

 

ここで問われるのは今までの面接の発言との整合性なので、最終面接と今までの面接とで違うことをいうと落とされてしまいます。

 

最後に受ける役員面接では、何度も面接を受けているので言っていることが曖昧になりやすいです。

 

しかし、それではまずいので自分がどのようなことを話してきたのかを最終面接前に再確認して、矛盾のある発言をしないようにすべきです。

 

また、最終面接は確認のための面接でもありますが、人物に対する厳しい評価をする場でもあります。

 

 

 

 

例えば面接を受ける前や後の態度も、細かくチェックされているので注意が必要です。

 

よくあるのが役員面接を終えて気を抜いてしまい、それが面接失敗につながるパターンです。

 

最終面接は今までの発言の確認と、その人が本当に会社に貢献してくれるのかをチェックする意味があります。

 

そういう意味ではこれまでの面接よりも、より厳しく見られているといえます。

 

このような意識を持って役員面接を受けるべきで、あまり気楽な気分で受けてしまうと失敗しやすいです。

 

最終面接は内定にかなり近い状態なので、簡単に対処できると考えてしまいます。

 

しかし、実際はかなり厳しい面接になることもあり、また倍率も高い場合があるので気を抜かないほうがいいです。

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接官の質問に対する適切な回答とは?
転職面接を突破するには、面接官の質問の意図を読み取り、面接官が望んでいる回答をすることが 大切です。
転職面接と新卒面接の違いとは?
転職面接を突破するための対策、マナー、転職面接で聞かれる質問とその回答例、逆質問、圧迫面接の対策、自己アピール例、志望動機例などを公開しています。
面接で採用されない理由
転職面接で採用されないのは、面接官の意図がわからず期待はずれの回答や反応、応募先の業務内容や求める人材に合わせたアピールができなかったことが原因です。
面接官にインパクトを与える方法
面接官にインパクトを与えるには、活かせる経験を強調する、結論を先に言う、キーワードを盛り込む、強みをアピールするなどを行うことです。
転職面接の面接官の評価ポイント
面接官の評価ポイントは、一番目に第一印象、二番目に適応能力(職場環境、協調力、業務の適応力)、三番目に業務スキルです。
面接は第一印象が大切
面接は第一印象が大切です。つまり「見た目」です。「見た目」とは服装、姿勢、態度、表情、身振り、顔つき、目つきを指します。
面接の前日までに準備しておくこと
面接の前には、事前に企業研究をすること、提出書類に目を通す、自己分析をしっかりしましょう。会社までの経路を調べたり、持ち物もチェックします。
受け付け時の面接マナー
面接は受付から始めります。受け付け時の面接マナーについて説明します。
面接の入室・お辞儀・座り方
入室の仕方、歩き方、お辞儀の仕方、座り方などについて説明します。
面接時の受け答え・退室
面接時の受け答え方、退室の仕方について説明します。面接時の目線、表情に注意します。退出後も気を緩めないことが大切です。
転職面接の流れ
転職面接では、今までの経歴を時系列で説明→退職理由→志望動機→自己PR、の流れが一般的です。
面接時の言葉遣い
面接時の敬語の使い方について説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ