転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--前職(現職)の仕事内容を説明してください--

面接の質問5--前職(現職)の仕事内容の回答方法と回答例--

転職面接で、「前職(現職)の仕事内容を説明してください。」と質問されたときの面接官の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

前職(現職)の仕事内容に関する質問の意図とは?

前職(現職)の仕事内容を説明させるのにも、やはり意図があります。以下の意図を読み取り回答します。

  • 必要な職務経験・スキルと合致しているか?
  •  

  • 即戦力または短期間で戦力になれるか?
  •  

  • 職務経歴を的確にわかりやすく説明できるか?
  •  

  • 貢献できることを把握しているか?

 

前職の仕事内容に関する質問に対する回答のヒント

ポイントを押さえて簡潔に職務経歴を説明する

応募先企業で活かせることを中心に、簡潔に職務経歴を話せるように、面接前にまとめておくとよいでしょう。職務経歴が長い場合でも、1分程度で回答できるようにまとめます。自分の言葉できちんと相手に対して説明できるかどうかも面接官はチェックします。

 

 

 

 

必要な職務経験やスキルを強調して回答する

職務経歴を話すときは、今まで経験してきたことや業務内容をダラダラと話すことは避けます。

 

応募先で役立つことを強調して回答します

 

転職の面接では即戦力が求められていますので、応募先企業であまり役に立たない業務経験は割愛し、求められる職務内容と共通していることを強調して話します。
以下の要領で事前準備しましょう。

 

事前に、求人案内やホームページをチェックして、職務内容を十分に把握し、アピールできる内容を漏らさず準備しましょう

 

実績や評価を盛り込んでアピールする

職務経歴の中に、実績や評価を回答に盛り込んで、応募先企業で貢献できることを説明します。

 

的確にわかりやすく具体的に話す

前職についての詳細は職務経歴書を読めばわかることですが、あえて回答させることで面接者の説明力を確認しようとしています。的確にわかりやすく回答できるように、前職の内容を整理しておくとよいでしょう。

 

 

職種が異なる場合は役立つスキル・経験に焦点を当てて回答する

異なる職種(例えば事務職から営業職など)へ転職する場合、事務職の職務内容を淡々と話すだけでは評価につながりません。
主な業務内容を語ったうえで、応募先の仕事で必要とされているスキルや適性、業界知識、専門知識、商品知識、役立つ経験などに焦点を当てて回答します
もし応募先の仕事内容の中で不足していることがあれば、資格取得や専門知識の習得をアピールするとよいでしょう。

 

前職の仕事内容を質問されたときの良い回答例

大学卒業後、1社目ではWebサイトの企画・デザイン・コーディングなどサイト構築全般を担当し、Webサイトの全般の知識やスキルを身に付けることができました。全くの未経験で入社しましたが、自ら猛勉強し、1年かかるところをたった3か月でマスターすることができました。
2社目では、3年間自社サイトのSEOを担当し、SEOやマーケティングに関する知識を身に付けました。クライアントのサイトの20%集客アップすることができました。
これまでの経験や知識を、御社の業務で必要とされるWebサイトの集客施策、Web解析に活かしていきたいと考えています。

上記の回答例では、1社目では自ら猛勉強して知識やスキルを身に付けたことを、2社目ではクライアントのサイトの集客を20%アップした実績をアピールしています。
全般に、応募先企業の業務内容との共通部分を強調して職務経歴を説明できています。

 

 

 

 

前職の仕事内容を質問されたときの悪い回答例

特定の業務に特化せず、経理、総務、一般事務、受付など幅広い業務を担当しています。身に付けた幅広いスキルを御社でも活かすことができると思います。

「なんでもできる」=「評価が高くなる」というわけではありません。上記のような回答では、経験した業務を語っているだけで、応募先の企業で何を活かせることができるのか何もアピールできていません。
応募先の企業でどのような人材が求められているのかに焦点を当てて具体的に回答します

 

前職の仕事内容に関する回答方法のまとめ

  • 面接前に応募先の業務内容を調べ、職務経歴と共通する内容を強調して回答する。
  • 1分程度にまとめて回答する。
  • 実績や評価を回答に盛り込む。
  • 応募先で貢献できることを説明する。

 

前職の仕事内容の質問に関連する他の質問

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接の質問--退職理由を聞かせてください。--
転職面接におけるこの質問は、前向きな転職かどうか、人間関係などネガティブな理由での退職ではないかどうか、志望動機につながる退職理由かどうかを知るために聞かれます。
面接の質問--前職での実績を話してください--
この質問は、どのような目標を立て、どのように実現できたのかを知るために聞かれます。実績を語った上で応募先で何をやりたいか、どんなことに貢献できるのか、将来のビジョンを回答に含めます。
面接の質問--仕事で失敗したことはありますか?--
この質問は、社会人としての問題解決能力を知るために聞かれます。失敗の原因を究明し、どのように失敗を克服したかをアピールするように回答します。
面接の質問--仕事できつい経験はありましたか?--
この質問は、ストレス耐性やきつい仕事にどのように取り組んできたのかを知るために聞かれます。きつい仕事に対する前向きな取り組みや困難を乗り越えたことを示します。
面接の質問--前職に何か不満はありましたか?--
この質問は、退職理由の本音や入社しても同じ理由で辞めないかどうかを知るために聞かれます。不満で終わるのではなく、提案型で語ることが重要です。
面接の質問--これまでの経歴(職歴)を話してください
この質問は、必要なスキルや経験から即戦力になれるのかどうか、求める人物像にマッチしているのかどうかをはかるために聞かれます。
面接の質問--×××の経験はありますか?
この質問は、×××に関する知識やスキルがどの程度あるのかを知るために聞かれます。「はい」「いいえ」だけの回答で済ませないことです。

ホーム RSS購読 サイトマップ