転職面接の対策・質問・マナー

話が矛盾していることを指摘されたときの対応方法

話が矛盾していることを指摘されたときの対応方法

転職活動中の面接は万全の準備を行っていたとしても、非常に緊張するものです。
一つ一つの質問に対して丁寧に答えているつもりでも、自分では気付かないうちに回答の矛盾が発生してしまうことがあります。

 

そのような時たいていは自分で矛盾に気付かず、面接官に指摘され初めて分かることがほとんどです。

 

面接における矛盾は、悪気はなくても発生してしまうものです。

 

面接の矛盾への対応で一番大切なことは下手な言い訳はせず、素直に認めて訂正することです。

 

訂正の際は、履歴書に記載した事項からずれることがないよう気を付けることが重要です。

 

このような時にスマートに対応できるかどうかも、合否を左右するポイントなのです。

 

 

 

 

このような矛盾を作り出さないためには、面接の準備を丁寧にしておくことです。

 

面接に行く会社について詳細に調べたり、自分のキャリアやスキルをきちんと確認して、転職したらどんな仕事がしたいのかを見極めるのです。

 

そうすれば自ずと面接の際に矛盾が発生する確率も低くなりますし、もしあったとしても一貫性のある対応ができるのです。

 

面接という場においては、予期しない質問や事態も起こるものです。

 

そのような場面における対応も採用担当者はよく観察していますから、落ち着いて対応できるよう準備しておきましょう。

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接に遅れるときの対応方法
面接に遅れた時のために、面接前に面接担当者の連絡先を聞いておくとよいでしょう。
面接に行けなくなったときの対応方法
病気などのやむを得ない事情で面接に行けなくなったときは、事情を話して、別の日に面接を受けれないか交渉してみましょう。
一次/二次面接で同じ質問をされたときの対応方法
一次/二次面接で同じ質問をされたときは、基本的には同じことを回答します。ただし、二次面接ではより具体的に答えるのがよいでしょう。
わからない質問をされたときの対応方法
回答できない質問をされたときは、素直に認めたうえで、自宅に帰って調べるなど前向に回答することです。

ホーム RSS購読 サイトマップ