転職面接の対策・質問・マナー

面接時の受け答え・退室

面接時の受け答え・退出

面接時の受け答えや退出について説明します。

 

面接を受けるときは以下の点に注意しましょう。

  • 背筋を伸ばして顎を引きます。
  •  

  • 明るい表情で、目線は面接官の方に向けます。
  •  

  • 下を向いたり、質問者と全く違う方向を見たりしてはいけません。
  •  

  • 返答するときは、明るく少し大きめの声で話します。
  •  

  • 髪をいじったり、貧乏ゆすりしたりするなど、癖が出ないように気をつけます。
  •  

  • 面接中メモは取らない。

 

面接修了の言葉を言われたら、以下の順で退出します。

 

  1. イスに座った状態で「本日はありがとうございました。」と言って、一礼します。

    礼を言いながら頭を下げないように気をつけましょう。

  2.  

  3. 立ち上がり、イスの横に直立します。
  4.  

     

     

     

  5. 面接官を見て、「ありがとうございました。」と一礼します。

    ここでも礼を言いながら頭を下げないように気をつけましょう。

  6.  

  7. 出口のドアの前まで歩いて、もう一度、面接官の方に向き直り、「失礼いたします。」と一礼します。
  8.  

  9. ドアを開けて、ドアの外側に出てから一礼してドアを閉めます。

    静かに音をたてないように気をつけて、退出しましょう。

  10.  

    以上で面接官との面接は終了ですが、面接室を退出してからも気を緩めてはいけません。受付の人も全員、面接官だという意識を持つようにしましょう。

     

    面接終了後も以下の点に注意しましょう。

     

    • 面接を終了した解放感から、大声で騒いだり、雑談をしたり、出たとたんに歩きながらスマートフォンをさわり始めてはいけません。
    •  

    • 受付の人やすれ違った社員にも挨拶しましょう。
    •  

    • 何か預かってもらっていたり、借りていた物があった場合は、「お世話になりました」と挨拶してから帰るようにします。

     

     

    退出してから、その会社を出るまでは面接が終わっていないのだということを認識しておくようにしましょう。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接官の質問に対する適切な回答とは?
転職面接を突破するには、面接官の質問の意図を読み取り、面接官が望んでいる回答をすることが 大切です。
転職面接と新卒面接の違いとは?
転職面接を突破するための対策、マナー、転職面接で聞かれる質問とその回答例、逆質問、圧迫面接の対策、自己アピール例、志望動機例などを公開しています。
面接で採用されない理由
転職面接で採用されないのは、面接官の意図がわからず期待はずれの回答や反応、応募先の業務内容や求める人材に合わせたアピールができなかったことが原因です。
面接官にインパクトを与える方法
面接官にインパクトを与えるには、活かせる経験を強調する、結論を先に言う、キーワードを盛り込む、強みをアピールするなどを行うことです。
転職面接の面接官の評価ポイント
面接官の評価ポイントは、一番目に第一印象、二番目に適応能力(職場環境、協調力、業務の適応力)、三番目に業務スキルです。
面接は第一印象が大切
面接は第一印象が大切です。つまり「見た目」です。「見た目」とは服装、姿勢、態度、表情、身振り、顔つき、目つきを指します。
面接の前日までに準備しておくこと
面接の前には、事前に企業研究をすること、提出書類に目を通す、自己分析をしっかりしましょう。会社までの経路を調べたり、持ち物もチェックします。
受け付け時の面接マナー
面接は受付から始めります。受け付け時の面接マナーについて説明します。
面接の入室・お辞儀・座り方
入室の仕方、歩き方、お辞儀の仕方、座り方などについて説明します。
転職面接の流れ
転職面接では、今までの経歴を時系列で説明→退職理由→志望動機→自己PR、の流れが一般的です。
面接時の言葉遣い
面接時の敬語の使い方について説明します。
最終面接(役員面接)で気をつけること
最終面接(役員面接)までいくと内定は近いですが、近いからといって気を抜いてはいけません。 会社によっては5倍以上の競争率があることもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ