転職面接の対策・質問・マナー

圧迫面接をどう対策するか

圧迫面接をどう対策するか

圧迫面接されたときの対応方法について説明します。

 

圧迫面接の目的は?

圧迫面接の最大の目的は、回答に困る意地悪な質問や否定的ない質問、突き放した冷酷な態度、厳しい指摘、矛盾点の指摘など、意識的に応募者に対してプレッシャーを与え、そのときの応募者の対応能力を知ることにあります。

 

業務はいつも順風満帆で進行するわけではありません。ときに、ストレスのかかるような苦境に立たされることもあります。

 

そのような状況を想定して、応募者がどれだけプレッシャーに対して強いのかを確認したいのです。

 

わざと困るような質問した際に、動揺せず落ち着いて回答できるかどうかの他に表情や態度も確認しているのです。

 

 

 

 

圧迫面接の対応方法

  • 圧迫面接の対策としては、以下の対応をします。
  •  

  • どんな事を質問されても堂々と冷静に対処する。
  •  

  • 逆ギレしない。
  •  

  • 「はい、おっしゃるとおりです。」と否定せずに認める。

 

 

反論せずにまずは受け入れることです。

 

否定するようなことを言われても、「確かにおっしゃる通りかもしれません。しかし〜」と一旦は面接官の指摘を受け入れたうえで、自分の意見や考えを話します

 

圧迫面接を乗り越えるのは非常に大変なイメージがありますが、事前に対策を立てておき素直に回答すれば慌てることはありません。

 

 

会社側としては業務中に遭遇するトラブルに対処する能力を確認する機会ですから、圧迫面接にうまく回答できれば、内定に一歩近づくことができるでしょう。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

圧迫面接の事例と回答例
よくある圧迫面接の質問と回答例について説明します。圧迫面接対策として利用してください。

ホーム RSS購読 サイトマップ