転職面接の対策・質問・マナー

面接時の言葉遣い

面接時の言葉遣い

面接時の言葉遣いについて説明します。

 

面接の時に重要なのは質問された内容に的確に答えることに加えて、応答する際の言葉遣いもあります。社会人として人と接する際に敬語を正しく使うことは必須であると言えます。

 

基本的には「言う」や「行く」などの動詞における敬語を把握することで面接時もマナーある応対が出来て、採用率が上がると言えます。

 

敬語を使うことは面接時に限らず普段の生活でも役立てることが出来ます。普段から親しい人に向けての丁寧な言葉遣いで経験を重ねていくことも勉強になります。普段の中で正しい言葉を使うことによって、それが面接でも生かされ会社側も安心して採用が出来るようになります。

 

こうした面接における正しい言葉遣いや敬語などは、普段どのように勉強すれば良いかということになりますが、就活活動でよく使われる言葉遣いについては、それがマニュアル化された資料もあります。

 

インターネットのサイトでおもな言葉遣いについてのマナーを列記したサイトも探せば見つかりますので、こういう場面の時にはどのような言葉を使えば良いかということが勉強できます。

 

またこうした言葉遣いに関するマナーは面接の時だけに必要になるだけではありません。応募の際に電話で連絡したり、就職試験や面接などの日程について企業から連絡を受けた場合に関しても、敬語などの正しい言葉で応対する必要があります。

 

就活する時に希望する企業に応募する前に、こうしたマナーについての勉強も事前にしておくことが望ましいでしょう。

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接官の質問に対する適切な回答とは?
転職面接を突破するには、面接官の質問の意図を読み取り、面接官が望んでいる回答をすることが 大切です。
転職面接と新卒面接の違いとは?
転職面接を突破するための対策、マナー、転職面接で聞かれる質問とその回答例、逆質問、圧迫面接の対策、自己アピール例、志望動機例などを公開しています。
面接で採用されない理由
転職面接で採用されないのは、面接官の意図がわからず期待はずれの回答や反応、応募先の業務内容や求める人材に合わせたアピールができなかったことが原因です。
面接官にインパクトを与える方法
面接官にインパクトを与えるには、活かせる経験を強調する、結論を先に言う、キーワードを盛り込む、強みをアピールするなどを行うことです。
転職面接の面接官の評価ポイント
面接官の評価ポイントは、一番目に第一印象、二番目に適応能力(職場環境、協調力、業務の適応力)、三番目に業務スキルです。
面接は第一印象が大切
面接は第一印象が大切です。つまり「見た目」です。「見た目」とは服装、姿勢、態度、表情、身振り、顔つき、目つきを指します。
面接の前日までに準備しておくこと
面接の前には、事前に企業研究をすること、提出書類に目を通す、自己分析をしっかりしましょう。会社までの経路を調べたり、持ち物もチェックします。
受け付け時の面接マナー
面接は受付から始めります。受け付け時の面接マナーについて説明します。
面接の入室・お辞儀・座り方
入室の仕方、歩き方、お辞儀の仕方、座り方などについて説明します。
面接時の受け答え・退室
面接時の受け答え方、退室の仕方について説明します。面接時の目線、表情に注意します。退出後も気を緩めないことが大切です。
転職面接の流れ
転職面接では、今までの経歴を時系列で説明→退職理由→志望動機→自己PR、の流れが一般的です。
最終面接(役員面接)で気をつけること
最終面接(役員面接)までいくと内定は近いですが、近いからといって気を抜いてはいけません。 会社によっては5倍以上の競争率があることもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ