健康の関する質問の回答方法と回答例

面接の質問--健康に問題はありませんか?--

面接の質問--健康に問題はありませんか?--

転職面接で、健康に問題がないか質問されたときのその意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

健康についての質問の意図は?

健康問題の質問に対しては、以下の意図を読み取り回答します。

  • 通院などによる仕事への影響がないか?
  • 休みがちになるような持病を抱えていないか?
  • 残業や休日出勤などで多少無理しても大丈夫か?

 

健康に関しての質問に対する回答のヒント

通院が必要ならば正直に回答する

健康に問題がなければ「全く問題ありません」と回答すればよいのですが、もし通院が必要ならば正直に言う必要があります

 

ただし、勤務時間帯や曜日を避けて通院できるならば、「業務には支障ありません」と明確に回答します。

 

通院で就業時間に影響が出るならば、正直に話したうえで、(無理のない範囲内で)残業や休日出勤で対応することで補完するので、業務にはまったく支障がないことを伝えましょう

 

 

 

 

完治しているならば特に言う必要はない

現在完治していて、業務にまったく支障がないならば、あえて病気について言う必要はありません。ただし、面接の中で過去の病気のことが話題に上がった場合は、「現在は完治して業務にはまったく影響がありません」と回答します。

 

あいまいな回答はしない

「おそらく大丈夫です」などあいまいな回答はしないことです。健康に問題がないのであれば、「まったく問題ありません」とはっきりと面接官に回答します。

 

問題ないことを具体例を添えて回答する

単に「問題ありません」と伝えるだけでなく、「週末は10キロのランニングを行っております」や「ジムに通って体を鍛えています」など具体例を添えて回答すると信ぴょう性を持たせることができます

 

 

健康に関しての質問の良い回答例

前職では月180時間を超える残業の影響で体調を崩して退職後は療養していましたが、現在は完治して、毎日10kmのランニングを行えるほどになりました。業務に支障を与えることはまったくございません。今後も引き続き体調管理を行い、積極的に業務を行っていきたいです。

上の回答例のように、具体的な様子を伝えて、病気が完治していることを説明すると説得力があります。今後も体調管理を行うことを伝えて面接官に安心感を与えます。

 

 

健康に関しての質問の悪い回答例

在職中に過労が原因で3か月間入院していました。現在も通院しており、週1〜2日は診察のため半日休暇をいただくことになります。完治していないため、仕事の負荷がかかると再発の可能性があるため、できるだけ残業は控えさせていただきたいです。

通院は仕方のないことでも、無理のない範囲内で残業などで補完する意欲は伝えたいところです。起きる前から再発のことに触れたりしないで、面接官を不安にさせないほうが賢明です。また、まったく残業に対応できないと回答してしまうと、採用は難しくなるでしょう。残業をあまりしたくないならば、「効率よく仕事を進め、残業を減らしていく努力をしていきたいです。」などの前向きな姿勢を回答すべきです。

 

健康に関しての質問の回答方法のまとめ

  • 完治しているならば「まったく健康に問題ありません」と回答するか、特に言及しない。
  •  

  • 通院が必要ならば正直に回答する。
  •  

  • 通院が必要でも業務に支障がないならば、「業務にはまったく支障がありません」と回答する。
  •  

  • 通院が必要で、業務にも影響が出る場合は、無理のない範囲内で残業や休日出勤で補完することを伝える。
  •  

  • 健康に問題がないならば、あいまいな回答は避け、はっきりと業務には支障がないことを伝える。

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接の質問--休日はどのように過ごしていますか?--
この質問は、応募者のライフスタイルや興味の志向性を知るために聞かれます。「何もしていません」は回答になっていません。仕事に関連する自己啓発は高く評価されます。
面接の質問--特技は何ですか?--
この質問は、採用するとどういうメリットがあるのか知るために聞かれます。求める人物像に合わせて答えるのがよいでしょう。
面接の質問--継続して励んでることはありますか?--
この質問は、自主性、向上心、仕事に対する取り組みの姿勢など、応募者の行動特性を確認知るために聞かれます。

ホーム RSS購読 サイトマップ