転職面接の対策・質問・マナー

面接の質問--仕事できつい経験はありましたか?--

面接の質問--仕事できつい経験はありましたか?--

転職面接で、仕事でのきつい経験を質問されたときの面接官の意図、回答のコツを回答例を挙げて説明します。

 

仕事でのきつい経験についての質問の意図を知る

仕事でのきつい経験についての質問に対しては、以下の面接官の意図を読み取り回答します。

  • ストレス耐性はあるか?
  • 厳しい状況に対してどのように取り組み、乗り越えたか?
  • 厳しい状況を乗り越えることができる人物か?

 

仕事でのきつい経験についての質問に対する回答のヒント

厳しい状況に対する取り組みと何を得たのかを回答する

自社でも厳しい状況を乗り越えることができる人物なのかを判断するための質問ですので、面接官にアピールできるよう、どのように取り組み、何を得たのかを具体的に回答します

 

 

 

 

「仕事できつい経験はありませんでした。」は回答になっていない

「仕事できつい経験はありませんでした。」という回答は、ストレス耐性があることにはなりません。厳しいと感じた仕事や状況などを探し出し、その取り組みと得たことを話します

 

仕事でのきつい経験についての質問に対する良い回答例

約2000ページにも及ぶドキュメント制作を任されたときのことです。私はそのプロジェクトのリーダー役を務めましたが、複数名のスタッフの取りまとめが大変でした。スタッフによってもスキル、適性などさまざまでちょっとしたコミュニケーション不足が細かなミスを引き起こしたりもしましたが、毎日のミーティングを実施したり情報共有ツールを使用することで改善し、最終的にはプロジェクトを成功させることができました。この経験を通じて、人それぞれの適性の見極めと適性に応じた采配、密なコミュニケーションが仕事の品質を左右するものだということhがわかりました。

 

仕事でのきつい経験についての質問に対する悪い回答例

私はストレス耐性が強く、体力にも自信があるため、どんな仕事でもきついとは思わず、こなしてきました。

 

 

 

 

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接の質問--退職理由を聞かせてください。--
転職面接におけるこの質問は、前向きな転職かどうか、人間関係などネガティブな理由での退職ではないかどうか、志望動機につながる退職理由かどうかを知るために聞かれます。
面接の質問--前職(現職)の仕事内容を説明してください--
この質問は即戦力になれるのかどうか、役立つスキルや経験を持っているのかを知るために聞かれる質問です。応募先が求める職務経歴や能力と合致することを強調して回答します。
面接の質問--前職での実績を話してください--
この質問は、どのような目標を立て、どのように実現できたのかを知るために聞かれます。実績を語った上で応募先で何をやりたいか、どんなことに貢献できるのか、将来のビジョンを回答に含めます。
面接の質問--仕事で失敗したことはありますか?--
この質問は、社会人としての問題解決能力を知るために聞かれます。失敗の原因を究明し、どのように失敗を克服したかをアピールするように回答します。
面接の質問--前職に何か不満はありましたか?--
この質問は、退職理由の本音や入社しても同じ理由で辞めないかどうかを知るために聞かれます。不満で終わるのではなく、提案型で語ることが重要です。
面接の質問--これまでの経歴(職歴)を話してください
この質問は、必要なスキルや経験から即戦力になれるのかどうか、求める人物像にマッチしているのかどうかをはかるために聞かれます。
面接の質問--×××の経験はありますか?
この質問は、×××に関する知識やスキルがどの程度あるのかを知るために聞かれます。「はい」「いいえ」だけの回答で済ませないことです。

ホーム RSS購読 サイトマップ