転職面接の対策・質問・マナー

一次/二次面接で同じ質問をされたときの対応方法

一次/二次面接で同じ質問をされたときの対応方法

転職面接で一次面接と二次面接(場合によっては三次面接)とで同じ質問をされたときの対応方法を説明します。

 

回答内容は変更しない

基本的には、同じ質問に対しては、同じ内容で回答します。
回答内容が一次面接と二次面接とで異なると、回答の信ぴょう性が疑われてしまいます

 

より具体的に回答する

一次面接と二次面接で同じ事を聞かれるというのは、その回答を重要視している可能性があります
その対応として二次面接の時にはより具体的に答えるのがよいでしょう。

 

 

二次面接ではその会社の中堅社員が担当することも多いです。一次の面接を踏まえた上で、あえて同じ事を聞いてきます。面接が進むにつれ、対応する役職も上がっていきます。

 

 

 

 

最初に切り抜けたとしても、その回答がどこかの引用だったり、自分の言葉でなければ次に聞かれた時、スムーズに出てきません。一次面接の質問を確認の意味で聞いてくることもあるでしょうから、同じ回答でも何ら問題ありません。

 

むしろ最初よりも詳しく回答することでしっかりとした考えを持っている、と好印象になるのではないでしょうか。

▲ページの先頭に戻る

 

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連ページ

面接に遅れるときの対応方法
面接に遅れた時のために、面接前に面接担当者の連絡先を聞いておくとよいでしょう。
面接に行けなくなったときの対応方法
病気などのやむを得ない事情で面接に行けなくなったときは、事情を話して、別の日に面接を受けれないか交渉してみましょう。
話が矛盾していることを指摘されたときの対応方法
話が矛盾していることを指摘されたときは、素直に認めて訂正することが大切です。
わからない質問をされたときの対応方法
回答できない質問をされたときは、素直に認めたうえで、自宅に帰って調べるなど前向に回答することです。

ホーム RSS購読 サイトマップ